• ご予約・空室状況等、お電話でのお問い合わせはフリーダイヤルまで。
  • 申込手続きお問い合わせ

橘のここが手作り

納豆は「館内手作り」がタチバナ流!

  • 手作り納豆

手作り納豆の参考レシピ

手作り納豆のレシピ

  • 1.下準備
    「国産有機JAS大豆」を水でよく洗います。ボールに多めの水を入れ、大豆が良くひたるようにして、ひと晩つけて置くと2~3倍の大きさになります。
  • 2.蒸す
    大きくなった大豆を約1時間ほど蒸します。硬さは「指でつまんで潰れるくらい」を目安にして、硬いようであれば、さらに蒸します。蒸す以外の方法として「煮る」がありますが、硬さの目安は変わりません。蒸している間に「納豆器」を45℃で予め温めておきます。
  • 3.納豆菌をふりかける
    蒸し上がった大豆が「45~50℃」のうちに、手早く、ぬるま湯に溶いた納豆菌をスプレーします。大豆の温度には十分に注意してください。
    納豆菌は東急ハンズでも入手可能です。
  • 4.保温
    容器に入れた大豆を「納豆器」に入れ、15時間程度「適温の45~50℃」を保持します。「納豆器」がなければ「発砲スチロール容器&お湯を入れたペットボトル」でも代用は可能です。温度保持には気を付けて、まめにお湯を取り替えてください。
    納豆菌の種類や季節により、発酵時間が異なりますので、何度か経験を積んで、勘所を押さえることが必要です。
  • 5.完成
    ネバネバ糸を引くようになったら完成です。
    そのまま放っておくと発酵が進んでしまいます。沢山作って、保存したい場合は、小分けに「冷凍」すると発酵が押さえられますが、風味的にはなるべく早く食べたほうが美味しくいただけます。
トップページへ戻る